「幻」のことを好きな人もいるだろうし、嫌いという人もいるはず。なんの感情もない人だって。アナタが感じる「農家」はどんな感じ?

そよ風の吹く平日の夕方はビールを

明日への使命を忘れたスパイ


HOME



一生懸命泳ぐ母さんと俺


出張で、日光へ向かうことが頻繁にあった。
東京から4時間ほどの場所に位置する日光市は栃木県にあって、海なし県で、多くの山に囲まれている。
そのことから、冬になると雪が多く、除雪車やチェーンなど必須である。
秋が来ると、と東北道を使い、2泊3日で行って、行って帰って、また2泊3日という状態が非常に多く、ニュースなどで日光が登場すると懐かしいとさえ感じてしまう。
日光を見ずして結構というなかれという面白い言葉がある位なので、一度は見てほしい場所だ。
ちょっとだけ紹介させてもらうと、観光客のメインは日光東照宮。
あの有名な徳川家康の眠っている所で、中の立派な様子に驚かされる。
他にも、いろは坂を上りきったところにある温泉がずらりとある場所。
硫黄泉で、白く、高温の湯。
この温泉を浴びると冷えにも良いだろうと思う。
日光東照宮が建てられたときには、このお湯を目指して湯治客が集まったそうだ。
景色が思い浮かべられる歴史の深い場所がここ日光市。
民宿の紹介も兼ね,ガイドブックにも紹介されている日光へ、行こうと思っている。

騒がしく体操する彼と濡れたTシャツ
急激にネットが普及するとは、当時子供だった自分には全く予想できていなかった。
品物を売る会社はこれから厳しくなるのではないかと思う。
PCを使って、一番安い物をを探すことが不可能ではないから。
レースが進んだところで近頃目立つようになったのがネットショップ成功のためのセミナーや商材販売だ。
もはや、手段が売れるようになっていて、何が何だかよくわからない。
方法が目的になってしてしまいそうだ。

ノリノリで叫ぶ母さんと失くしたストラップ


旅でも出張でも、韓国に行く機会が多い。
縁があるのは、日本からすぐのプサン。
観光ももちろんだが、特に女性はコスメやネイルなど興味がある方も多いようだ。
韓国では外見、つまり外見を磨くことに関しての力は強い。
転職や、パートナー探しの際に、日本よりも露骨に判断される傾向が多い。
という事で、韓国製の基礎化粧品は、美容成分が日本の物より多く含まれているらしい。
という事から、自分に合うものを見つけるのは大変かもしれないが使用後は期待してもいいだろう。

凍えそうな休日の深夜は熱燗を
今更ながら、ニンテンドーDSにハマっている。
はじめは、DS英単語に英語漬けやターゲットのゲームソフトを中心にしていただけだった。
だけど、ヨドバシでゲームソフトを選んでいたら他の物に目移りしてしまい、結局購入してしまう。
友コレやマリオパーティー、逆転検事など。
変わったソフトで、中国語講座も発売されている。
DSは、移動中などの暇な空き時間には活躍しそうだ。

ぽかぽかした木曜の明け方にこっそりと


富士には月見草がよく似合うという名文を残したのは文豪の太宰だ。
太宰治は、バスに乗って、御坂山塊を越えて、今の甲府まで向かうところだった。
バスでたまたま一緒になったおばあさんが、「あら、月見草」とつぶやく。
そこで、振り向いた太宰の視界に映ったのが、月見草、同時に富士の大きな裾野だった。
富岳百景の一部のこの話は、日本一の名山を美しさを表すとき欠かせない。
多くの作品に出てくる、3776mの名山だ。
どの位置から見ても同じく、綺麗な形をしているために、八面玲瓏という言葉がよく合うと言われる。
全く同じ意見だ。
私が特に好きなのは、雪をかぶった名山、富士山だ。

月が見える火曜の明け方はお菓子作り
近頃、小説をぜんぜん読まなくなった。
20歳の時は、毎日読んでいたけれど、近頃、仕事があるし、小説を読む時間をつくりにくい。
もし時間があっても、ゆったりと好きな小説をじっくり読むという気持ちになかなかなれないので、読んでいたとしてもおもしろく感じにくい。
だけれど、ものすごく楽しめる小説に久しぶりに出会いたい。
村上春樹さんや村上龍さんの小説がかなり好きだから、二人が賞をとった群像文学新人賞が自分の好みのものがあるかと思って読んでみることが多いが、二人のようにがつんとくるものはなかなかない。
けれど、次の世代の光っている新人がいないかと気にかかるからまた読んでみたい。
しかし、純文学なのだからと無理やり難しい単語を使っているけれど中身が伝わりにくいものも多いから残念だ。

雨が上がった月曜の午後は足を伸ばして


夜、眠れないとなれば、家にあるDVDをゆっくり見てしまう。
昨日の夜観賞したDVDは、「エスター」というタイトルのアメリカのシネマだった。
登場人物の、エスターは、ブライトだけれど一風クレイジーな9歳の女の子。
エンドには思いもよらない結末が隠されている。
それは見ている半ばで、最後にわかる事実が分かる人がいるのか疑問なほど予測不可能な事実。
まさに、ドキドキとするのではなく、とにかくジトーッとような結果だった。
ストーリーは、毎回の私の毎晩の時間を楽しませてくれる。
問題は、いつもお酒とおつまみも常に一緒なので、体重が上昇するのが恐ろしい。

気持ち良さそうに泳ぐ兄さんと月夜
六本木の夜の女性を発見すると、大変だろうなーと思う。
それは、しっかり手入れした見た目、会話、それらに対する努力。
客に完全に勘違いをしてもらわないで、ビジネスだと理解してもらいながら、常連になってもらう。
ふと、もしかするとこのお姉さん、僕に気があるのかな?と気にしてもらう。
バランスのとり方が、どの仕事よりも絶妙だ。
一番は、私はナンバー入りのホステスの給料が非常に知りたい。

どんよりした土曜の深夜は食事を


山梨県は、果物王国と言われているほど果物栽培が行われている。
日本で珍しい海に面していない県で南アルプスなどの山々に囲まれている。
それにより、漁業もできなければ、稲作も全然盛んではない。
なので、甲斐を統治していた柳沢吉保が、フルーツ栽培をすすめたのだ。
江戸よりも名産が欲しかったんだと思う。
甲府の水はけのよさと、山国ならではの昼夜の温度の差は立派な果物を生産する。

湿気の多い金曜の昼はゆっくりと
いつも、EくんがくれるMAILの内容は、一体何を伝えたいのかまったく分からない。
酔っててもシラフでもいまいち良くわからない。
しかし、E君が会社で書いたという、会社の商品の梅干しに関してと、募金についての文書を読ませてもらった。
意味の通じる文をかけるんだ!と感心した。




Copyright (c) 2015 明日への使命を忘れたスパイ All rights reserved.

▲TOP