雑誌とかのアンケートとかで、「手作りカレー」について聞かれたら、アナタはなんて言う?「オジサン」は、人によって考え方が千差万別かもね。

雨が上がった休日の午後は昔を懐かしむ

明日への使命を忘れたスパイ


HOME



目を閉じて口笛を吹く家族とぬるいビール


OLとして頑張っていた時の大好きな先輩は、社長の娘で、誰が見てもセレブそのものだった。
小さな体で可愛くてハイテンションで、動物大好きな先輩。
動物愛護団体など設立して、そこそこ運動をしているようだった。
革を使用しない、ヴィーガン、動物実験取りやめ賛成。
一度部屋に訪れたことがある。
高級住宅地にある上等なマンションで、レインボーブリッジが見える。
先輩は、人懐っこくてきれいなシャム猫と仲良しだった。

息もつかさず叫ぶ彼と夕立
[確実にこうで当たり前だ!」など、自分の価値観のみで他人を裁くのは悪い事ではないと思う。
だけど、世間にはジェンダーと言われるものが個人の周辺に漂っている。
それを知ると自信を手に入れるのはGOODだけど、あまり反対するのは良い事ではないのかも?と考える。
これ、個人の考えでしかないんだけれど。
生活しにくい世になる可能性のあるかもしれない。

陽の見えない火曜の明け方は立ちっぱなしで


離れた家元に住んでいる私の母も大好きな孫のためとして、大変大量にお手製のものを作成して届けてくれている。
キティーちゃんが大変好みだと言ったら、話したキャラの生地で、作成してくれたが、縫物用の布の思ったよりすごく高額できっきょうしていた。
生地は横、縦、キャラクターものだと上、下も方向が存在していて手間だそうだ。
さりとて、豊富に、作ってくれて、送ってくれた。
孫娘は非常に愛らしいのだろう。

風の強い祝日の夜に友人と
8月に、沖縄本土まで仕事に出かけた。
この辺りはめっちゃあつい!
薄いカットソーの上から、背広。
汗をかいてサウナ状態になりすぎて、上のジャケットは大変なことに。
ビジネスホテルへついて、洗濯機もなかったので石鹸で綺麗にした。
次の日着るとその上着はストロベリーのいい匂いがした。
ジャケットが痛むのではないかと気になったけれど、それでも洗ってやると思っていた。

前のめりで大声を出す姉妹と横殴りの雪


花火の時期なのに、しかし、住んでいる場所が、リゾート地で毎週末、花火が打ち上っている、すでにあきてしまって、新鮮さも感じなくなった。
毎週夜に、花火をあげているので、苦情も多数あるらしい。
俺の、家でもドンという花火の音がうるさすぎて娘がパニックで泣いている。
たまにのことならいいが、夏休み中、毎週、どんどん音がなっていては、うざい。
早く花火が上がらなくなればいいのにと思う。

雨が降る仏滅の夜にひっそりと
とある大きな内容の仕事が舞い込んできたとき「大丈夫だろう」と考えていた新人の頃。
当時の私たち新入社員みんなが「終わってみたら意外に簡単だったりして」とのんびりとらえていた。
すると指導専門の女性が注意したセリフが記憶に残っている。
「目的のために努力をして毎日を費やしたからこそ、過ぎてしまえば成功しただけの話。
それ故に、今のあなたたちのように楽観的に構えていて、偶然にも内容が単純だったという意味は含まれていません。
過ぎてしまえばなんてことないといった言葉の裏にあるのは、真逆です。
前からしっかり学び準備をしたからこそ、力が有り余って、業務がスムーズに進んだと表しています。
全身全霊で本気になりましたか?
なめてないで真剣に取り組んでください。」
と言うセリフ。
この言葉があってから、私たちは頑張って勉強ししっかり仕事をすることができた。

怒って大声を出す父さんと履きつぶした靴


夕方、時間にゆとりが出来たので、HMVに足を運んだ。
新たにmp3playerに挿入するミュージックを探し出すため。
この夏、頻繁に聞いたのが西野カナさん。
時期に関係なく聞いているのが洋楽。
ヨーロッパの音楽もクールだと思っている。
そこで、今回借りたのは、ボンボンフレンチだ。
甘いボイスとフランス語の発音が素敵だと思う。

雲の無い仏滅の明け方にカクテルを
普通、マンションで一人で出来るような業務をして、繁忙期にお声がかかるとチームの仕事に参加する。
その稀にだけど、めちゃくちゃかったるく感じてしまう。
この際辞めてしまおうとか。
行けば頑張るけれど、多くの社員に囲まれて、チームで仕事をするのは難しい。
と、母に話すと、言いたいことは分かるよ、と言って、クスクス笑っていた。

どんよりした平日の朝に冷酒を


ここ最近、自分の子供が運動場で遊びたがらない。
日差しが強いからか、家のおもちゃが大変もらってふえたからか。
ほんの少し前までは、ものすごく運動場に行きたがっていたのに、このごろは、ちょっとも行きたがらない。
まあ、父だと、考えても考えても困ることもなく、気にしないが、だが母親としは多少でも複雑らしい。
けれど、暑くてきつい場所で遊ばせるのも心配だ。

のめり込んで吠える友達とよく冷えたビール
挨拶用で何着か少しだけスーツ用のYシャツを所持しているけれど、大体買う時に何枚も試着してしまう。
それくらい、着てみた感じにこだわるのも変わっているかと思った。
そんなときに、仕事先で、シャツは特注でと言っていた方がいたので、非常に驚いた。
けれど、シャツ一枚でスタイルが良く見えるので、いいかもと感じた。




Copyright (c) 2015 明日への使命を忘れたスパイ All rights reserved.

▲TOP