ねえみんな、「トマトジュース」について考えてみたいんだ。さほど難しい問題ではない気がするんだ、「偶然」の特色って。

控え目に走る先生と季節はずれの雪

明日への使命を忘れたスパイ


HOME



どしゃ降りの木曜の夕方にお菓子作り


南九州の高齢の女の人は、日ごとに、生花を墓にやっているから、なので、菊が多量に必要で、生花農家も多い。
夜、車で爆走していると、菊の為のの照明がしょっちゅう夜、車で爆走していると、菊の為のの照明がしょっちゅう目にとびこむ。
住まいの光はものすごく少ない町だが、菊の為の明かりはしょっちゅう見える。
電照菊照明はちょくちょく目撃しても人の通行は非常にわずかで街灯のライトもたいそう少なく、警戒が必要なので、高校生など、駅まで迎えにきてもらっている子ばかりだ。

一生懸命歌う兄さんと草原
なにかしら仕立てるために必要な布は高い。
ひとり娘が幼稚園に行きだすので、色々と手作りの袋が必須とはいえ、なぜか縫物の為の生地がばかにならなかった。
ひときわ、アニメのキャラクターものの縫物の為の生地なんて、すごく高かった。
キティーちゃんやアンパンマンの仕立てるために必要な布がめちゃめちゃ高かった。
園から指定された大きさのの本入れやボール入れを買った方が早いし、以外と安いのだが、農村なので、みんな、母親が縫ったものだし、近辺に売っていない。

具合悪そうに吠える友人と擦り切れたミサンガ


晩酌に、ビールを一人で飲むのが習慣になっているけれど、最近はビールの後にワインも飲んでいる。
もちろん、その後に誰かと会うような仕事をしないときに限定されるけれど。
ひとり暮らしをしていた時に、住んでた部屋の近くでちょっといい感じの酒屋を見つけて、父の日も近かったので買ったことがある。
私はかなり見栄っ張りなので「1万円以上の高級ワインを探しています」なんて言って。
父に届けた、そのワインが1万円ほどしたことを耐え切れずに言ってしまうと、父は気まずそうに「・・・うん、やはりそうだと思った!」と言ってくれた。
他に感想はなさそうだった。
それから、特にワインの値段にはこだわらなくなった。
あー幸せだと感じる時間を過ごせるなら、金額や質にはこだわる必要は、今のところない。

風の無い休日の深夜に読書を
出張営業に出ると、1週間近く帰れない時がある。
非常に、やる気はありだけれど、すごく緊張しているので、ほとんど眠れない。
起床時間のずいぶん前にもかかわらず、目が覚めてしまう。
しかし、帰宅した時の解放感は幸せだ。
狂ったように豪遊するし、寝るし、食べたいものを食べる。

天気の良い水曜の早朝に椅子に座る


個人的に、物の趣味や好みが存在すると思うが、どんな感じか聞くのが大好き。
仲のいい子に問いかけてみたところ、金、良い生地の下着、母のことが大好きとの事。
プラス、男性の血管の見える手の甲。
最後に、スペイン語の巻き舌。
私には不明。
屋台のリンゴ飴、素肌に直接厚手のニット、かなり薄めた香水、声の低い若い人が好きだと、言ってみた。
もちろん理解できないと言われた。
まさにこれが、フェチという分野だという。

気分良く走る家族と電子レンジ
良いおくりものを考えなくてはと思っている。
記念日がすぐで、家内に何かしらおくりものを渡したいのだけれども、しかしものすごくいいプレゼントが思いつかない。
妻に何か手に入れたいものがあるのならばいいのだが、たいして、物欲がないので、気に入りそうなものが思いうかばない。
とはいえ、ばれないように欲しい物を見つけて驚かせて喜ばせたい。

気どりながらダンスする父さんと暑い日差し


石田衣良さんという小説家に出会ったのは、友達の愛ちゃんのマンションで。
「愛がいない部屋」というタイトルの短いお話がぎっしり詰まった短編集がパソコンの前に置いてあったから。
地元の宮城の母が読んでいたものだそうで、その後お酒や衣類と一緒に箱詰めにして宅急便で送ってくれたという。
その頃は全然世に知れていなかった石田衣良。
愛は元々自伝や流通、マナー本などは読む。
だけど、いわゆる小説は読まないので、愛がいない部屋を私にあげる!という。
愛ちゃんの母はどんなことを考えながら、この本を手に取ったのだろう。

陽の見えない月曜の昼は冷酒を
カメラ自体、実に楽しいと思うけれど、それ以前に突出していると言えるくらいお気に入りなのがトイカメラだ。
5000円持っていればちっちゃいカメラがすぐに持てるし、SDがあるならばパソコンでもすぐに再生できる。
臨場感や、奇跡の一瞬をシャッターに収めたいなら、ピント調節ができるカメラがぴったりだと思う。
しかし、そこの風情や季節感を写す時には、トイカメには何にも負けないと思案する。

目を閉じてダンスする友達と読みかけの本


動物を観察するために日陰がないところを長く長く歩く動物園は、夏は大変暑くてぐったりする。
友人夫婦とお子さんと自分と妻と子供といっしょに観覧しに出向いたが、とっても日差しも暑くて疲れた。
非常に暑すぎるので、キリンもトラも他の動物も多くが歩いていないしし、奥の影に姿を潜めていたりで、ひどく観察出来なかった。
行ける機会があったら次は、涼しい水族館などが暑い時期はよさそうだ。
子供がもう少し大きくなったら夏期限定の夜の動物園や水族館もおもしろそうだ。

汗をたらして自転車をこぐ兄弟とぬるいビール
友人の彼氏であるSさんの食品会社で、毎回和歌山の工場で作った梅干しをお願いしている。
アルコールが入ると電話をかけてくるSさんの可愛い部下のEくんという男性は、なぜか話がかみ合ったことがない。
素面のときのE君、非常に人見知りらしく、そこまでいっぱい返答してくれない。
そんな感じで、一度もE君とはまともに話をしたことがない。




Copyright (c) 2015 明日への使命を忘れたスパイ All rights reserved.

▲TOP