皆さん、「不運」について考えてみよう。そんなに難しく考える疑問は無い気がするんだ、「息子」の特徴とかはね。

無我夢中で走るあいつと失くしたストラップ

明日への使命を忘れたスパイ


HOME



よく晴れた仏滅の晩に冷酒を


北方さんの水滸伝の血が通っていて雄々しいキャラクターが、オリジナル水滸伝の108星になぞらえて、目立った作中人物が108人でてくるが、敵方、権力側の作中人物も人間くさいのがいて、血が通っていると感じる。
登場人物に実際の人の様なもろさがうかんでくるのもかつまた、心がひかれる理由だ。
心が弱いなりに自分の目標とか将来の為に能う限り 悪戦苦闘しているのが読みとおしていて興奮する。
読み進めていておもしろい。
それなのに、ひきつけられる作中人物が不幸な目にあったり、夢がなくなっていく描写も心にひびくものがあるから夢中になる歴史小説だ。

どしゃ降りの日曜の明け方は椅子に座る
今日の新聞に、女性の眉毛に関して、なかなか面白い話が書かれていた。
なるほど、と思えば、急に色香まで感じてくるので面白い。
目にするだけでは、奇抜すぎるように見えるが、その昔は結婚している女性の印だという。
なるほど、と思えば、次第に色っぽくも感じられるので面白い。

控え目に大声を出す妹とわたし


数年前の夜中、私は恋人と、横浜から一般道を利用し、サザンビーチに行ってみた。
理由は、大好きな一眼レフのカメラで海を撮るためだったが、上手に撮れない。
海辺は久々だったから、撮影に飽きると靴を脱いで海の中に入りはじめた。
それにも飽きてしまい、浜辺で小さな城を作ることをして遊びはじめた。
この時位までは、たぶん近くに置いていたキャノンのデジタル一眼。
じゅうぶんはしゃいで、帰路の最中、GSで私の一眼が鞄に入っていない事にショックを受けた。
あきらめてマンションまで帰ってきたけど、それからしばらく、最高にさみしかったのを覚えている。
多くのメモリーが入っていた宝物の一眼レフ、今はどこにあるんだろう?

悲しそうに泳ぐ先生とファミレス
仕事場で着用するパンツスーツを買いに来た。
コムサでモード等フォーマルなお店もいいな〜と悩んだけれどギャルショップも悪くないと思う。
華やかで活発な女性服のファッションビルで、体にフィットするファッションが多いのが特徴。
金額はショップによって違いが出るが、なんとなくリーズナブル。
店を選び、スーツを探していたが、細身の物ばかり取り扱われていた。
着た感じも、ちょっとはお洒落に見える気もする。
良いスーツ購入が達成できて、ちょっと満足感があった。

息もつかさずダンスする彼と電子レンジ


人間のほとんどが水分という調査もあるので、水分は人類の基本です。
水の摂取を充分に行い、お互いに健康で楽しい夏を過ごしたいものです。
輝く光の中から蝉の声が耳に入るとこの頃、普段あまり出かけないという方でも外に出たくなるかもしれません。
すると、女性だと紫外線対策に関して敏感な方が多いかもしれません。
暑い時期の肌のスキンケアは秋に出てくるという位なので、やっぱり気にかけてしまう部分ですね。
やはり、誰もが気を使っているのが水分補給につてです。
もちろん、いつも水分のとりすぎは、あまり良くないものの、夏の時期は例外かもしれません。
というのは、たくさん汗をかいて、知らない間に体から水分が抜けていくからです。
外出した時の自身の様態も影響するかもしれません。
ひょっとすると、自分自身が気付かない間に軽い脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるかもしれません。
暑い盛りの水分摂取は、次の瞬間の体調に表れるといっても言い過ぎではないかもしれないです。
短時間だけ外出する時も、ちっちゃいもので大丈夫なので、水筒があったらとても便利です。
人間のほとんどが水分という調査もあるので、水分は人類の基本です。
水の摂取を充分に行い、お互いに健康で楽しい夏を過ごしたいものです。

雲の無い火曜の日没に料理を
手に入れた布で、園に9月から通う子供の入れ物を縫わなくてはならない。
母親である妻が作成するとは言っても、俺も裁縫が嫌いではないので、進みが悪いようだったら助っ人に入ろうと思う。
運ぶものを入れるきんちゃく袋が園に通い始めるのに必要らしい。
ミシンもいよいよ受け取った。
使った感じもみてみようと考えている。

控え目に吠えるあの子と花粉症


私は昔、社員として多くの仕事仲間に囲まれて属していた。
しかし、何年かすると、人と共に何かをするというのが無理だと痛感した。
拘束時間が時間が長い上に、チームを組んで進めていくので、やはり噂話が多い。
噂話を元に、仲よくすればじょうずになっていけるのかもしれない。
何を聞いても、どうでもいいとしか思えない運命なのだ。
そして、仕事のペースが遅い人に合わせるという辛抱ができない、早い人についていけない。
普通は、努力が見られない!と感じるだろうが、父にはそういう運命だと言われた。

のめり込んでダンスする君と冷めた夕飯
村上春樹のストーリーが楽しいと、本好きの人々のお勧めを聞いて、読破したのがノルウェイの森だ。
この本は、日本だけでなく海外でも大勢の人に読まれ、松山ケンイチ主演での映画も公開された。
村上春樹の内容は、テンポが良く、サクサクサクと読めてしまう所が好きだ。
直子と緑との2人の女性の間でゆれる、ワタナベは、実際、生と死の間でゆれているようだ。
生と死というテーマをのぞいてみても、緑も直子も魅力があると思った。
他にも、ハツミさんや永沢さんやレイコさんといった役が加わる。
みんな魅力的で個性的で陰の部分を持ちあわせている。
大分前に読んだ物語だが無性にあのシーンが読みたい!と思い、ページをめくったことが何回もある作品。
主人公のワタナベは直子に、お願いをふたつ聞いてほしいと頼まれみっつ聞くと答える。
さすが村上春樹と思ったところ。
そして、直子が幸せ者に見えた。

よく晴れた金曜の夜は座ったままで


夏で催し物がたいそう多くなり、最近、晩にも人通り、車の通りがすごくたくさんだ。
農村の奥まった場所なので、いつもは、深夜、人通りも車の通りもほとんどないが、花火大会やとうろうなどがされていて、人の往来や車の往来がとっても多い。
平素ののんびりとした夜更けが妨げられていくぶんうるさいことが残念だが、ふだん、元気が僅少な農村が活況がでているようにうつるのもまあいいのではないか。
周りは、街灯も無く、暗夜なのだが、人通り、車の通りがあって、活気があると明るく感じる。

薄暗い仏滅の夜明けは焼酎を
私は以前から、素肌が全然丈夫でなく、気を付けないとかぶれてしまう。
その上、ボディーソープの肌に残ってしまう感じが好きじゃない。
でも、寒い季節は思いっきりしっかり乾燥するので、添加物の少ないケア用品を愛用している。
これらの商品のびっくりするところは、料金が凄く高すぎるところだ。




Copyright (c) 2015 明日への使命を忘れたスパイ All rights reserved.

▲TOP